ぽきぽきしないソフトな整体の良庵 整体の良庵はぽきぽきしないソフトな整体で女性に人気の整体院です。 整体の良庵へのご予約・お問い合わせは電話090-6326-1160

痛い・だるい・つらいを解消するソフトな整体。良庵の整体はリラックスしたまま受けられるので90%以上が女性のお客様です。

整体の良庵 庵主プロフィール 得能 真人(とくのう まさと)

1979年生まれ。

趣味・・・自然や動物とふれあうのが好きです。他には読書など。

家族構成・・・妻と娘と3人で暮らしています。

奈良の整体 良庵プロフィールこんにちは。
良庵のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

整体の仕事をする以前は、ソーシャルワーカーの仕事をしていました。

ソーシャルワーカーとは、病院や施設で、病気や障害を抱えた人の生活上の相談にのる仕事です。

7年間で、のべ1万人以上の方の相談を受けさせていただき、そこでは不調を改善する生活習慣や、からだとこころの関係について学ぶことができました。

仕事をしているうちに「相談にのるだけじゃなくて、患者さんの痛みやつらさを、直接取り除いてあげたい」と思うようになりました。

また、自分の体調不良を解消した経験から、整体に興味をもち、学ぶことになります。

3年以上かけて整体の技をしっかりと学び、習得しました。そして、勤めの仕事を続けながら、紹介や口コミ限定で施術をさせていただくスタイルで開業し、経験を積みました。

当初は、色々な疾患に悩んでおられるお客様を診ることの大変さ、マニュアル通りにはいかない難しさの壁に直面しました。ですが、施術でお客様の痛みやつらさが解消するようになってくると、自分が整体の道を選ぶのは間違っていない、と思えるようになりました。

「肩こりや首の痛みが軽くなった」「腰痛がとれた」「全身のだるさを感じなくなってきた」などのお声をいただけたときは、今までの仕事では感じたことのなかった喜びも感じました。

平成23年4月に「整体の良庵」が本格的に開業しました。

これからも、現状に満足することなく、日々の勉強と研究を重ねて、さらなる技術の向上を目指します。お客様への、敬意と思いやりの気持ちを忘れることなく、これからも努力を続けたいと思います。

整体の良庵 庵主エピソード「体調の悪化」

小さい頃は身体が弱く、体調の悪い子どもでした。アレルギーに悩まされて、風邪もよくひいて、お腹も弱く体力もありませんでした。友達と一緒に自転車に乗っているときも、周りについていけずゼイゼイいいながら、自転車を降りてよろけながら引いてたのを覚えてます。

そんな私をみかねたのか、運動ができる機会を両親が与えてくれました。外によく連れて行ってくれたり、犬の散歩を任されてたりと、運動をすることが多くなって少しずつ丈夫な身体に変化していきました。
からだの弱かった私のために、色々と考えて育ててくれた両親には、心から感謝してます。

高校生になると、部活のテニスに熱中できるほどに、体力はついていました。
ですが、元々が弱い身体だったこともあり、肩と腰に故障を抱えてしまい、学校の近所にあったカイロプラクティックに通っていたこともあります。

大学生になってから運動をする機会はほとんどなくなりましたが、肉体労働のアルバイトでぎっくり腰になったこともあります。一人暮らしということもあって生活も不規則で、いつも身体がだるかったです。

卒業してからは、奈良の福祉施設で働き始めました。
とてもやりがいのある仕事と感じていましたし、上司や同僚もいい人が多くて随分とお世話になりました。

それでも、元々の身体の弱さもあって、気付かない間に心身への負担がかかっていたのでしょう。腰痛、肩こり、胃痛、坐骨神経痛、冷え性、頻繁にひく風邪、腹痛、頭痛、アレルギーの悪化、息苦しさ、倦怠感、など、数々の慢性症状に苦しむことになります。

病院にもかかりましたが、検査値の異常はありません。運動不足かと思って、ジムで通っても、さらに悪くなる一方です。身体はどんどん重くなるばかりで、焦りだけが募ります。

ある日、駅で定期券を購入しようとして申し込み用紙に自分の電話番号を書こうとしたのですが、どうしても思い出せないのです。いつもなら簡単に口にだせるのに「え…」と呆然となりました。
それだけ、心身の安定が欠けていたのです。「これはまずい…どうにかしないと」と感じました。

そこで、自分で色々な民間療法の本を読み漁して試したり、通ったりしました。
食生活の改善や漢方薬、接骨院、カイロプラクティック、針、ヒーリング、フラワーエッセンス、ホメオパシー、そして整体、など。そして、色々と取り組むうちに、少しずつ体調が改善していったのです。

整体の良庵 庵主エピソード「整体との出会い」

自分で体調を整えていくうちに、人の健康をお手伝いする仕事への関心が膨らんできました。
勤めていた施設や病院では、病んだ人の生活の相談には乗っていましたが、患者さんの痛みやつらさを直接とる仕事ではありません。

また、対処療法が中心の現代医学ではなく、根本から身体を変えていく療法に取り組みたいと思いました。痛みや症状を一時的にとるための薬や手術に頼る世界には、身をおきたくはありませんでした。
症状の原因をなくし、症状が根本的にでないようにすることが大事だと、自分の経験から感じていたからです。

その頃に読んだ、整体の創始者である野口晴哉の本に「誰もが元気に生きる力をもっている」という言葉がありました。そういった自然治癒力を働かせる整体の考えに共感を覚えました。

自分が受けた療法を振り返ってみても、根本的に症状を改善させて、自然治癒力を高めるには整体が最も効果的だと実感していました。

整体のプロになって、症状に悩んでいる人の力になりたい、と思い、整体を学ぶことに決めたのです。

整体の良庵 庵主エピソード「師との出会い」

最初は、関西一円の整体関係の学校の資料を取り寄せたりして、学ぶ先を探しました。
しかし、自分が理想としている整体を教えてくれる学校は見つかりません。

ほとんどの学校は、対処療法的な技術を教えていました。
また、直営するチェーン店サロンの人集めが目的だったり、儲けることばかりを教えるところだったり、など、自分には合いそうにない学校ばかりでした。

そこで、学校ではなく、整体師養成の指導をしている整体の先生を探すことにしました。
様々な先生のもとを訪ね歩いて2年が経過した頃、「整体の朱鯨亭」の別所愉庵先生に出会い、ご指導を仰ぐことになりました。

全国各地から技術指導を受けにくる人が絶えない、有名な先生です。ですが、高名な整体師にありがちな「自分の流派こそが正しい!」といった傲慢な態度は、先生からは全く感じられません。
新たな方法を常に模索されている姿勢が、とても尊敬できました。温かなお人柄も、見習いたいと感じました。

奈良市の整体良庵身体の状態を見極めて、どう改善できるかを探る観察方法や、症状と骨格・筋肉との関連、施術の技術、整体の心構えなど、3年以上かけて指導いただき、技を習得しました。

働きながら学ぶのは大変で、今までの人生を振り返ってみても最も勉強した3年間でした。ですが、整体の心得や技術をしっかりと叩き込むことができた、貴重な時期でした。

整体の勉強に終わりはありません。
学習や読書は、一日も欠かしたこともなく続けていますし、ずっと続けていきたいと思っています。

整体の良庵 庵主エピソード「開業を決意」

整体の勉強を続けながら、開業したいという気持ちがどんどん高まってきました。
そこで福祉施設での仕事を続けながら、開業をすることにしました。紹介や口コミで来られたお客様を中心にたくさんの施術経験をつみました。

色々な症状を抱えておられるお客様への施術は、マニュアル通りにはいかず、開業当初は、苦労することも多かったです。ですが、経験を積めばつむほど、たくさんの気付きや学びを得ることができ、スキルアップしていけました。

次第に、施術の効果も目に見える形で出てくるようになり、症状が解消されたお客様から「ありがとう。楽になったよ」「痛みがなくなった」という言葉を笑顔と一緒にいただけるようになりました。

自分自身が体調不良で苦しんだ経験も、お客さんの痛みやつらさを理解するのに、とても役立ちました。お客さんの身になって考えることができたからです。

整体でお客さんのお役に立てたことが、とても嬉しく感じました。そこで、勤めをやめて、本格的な開業を始めて、今に至ります。

整体の良庵 庵主エピソード「大切にしていること」

私は、出会った人たちには、必ず敬意をもって接することを大切にしています。

相手をコントロールしようと思ったり、見返りを求めるのではなくて、ひたすら相手を尊敬できるのが「敬意を持つ、敬う」ことだと思っています。

今までに、いじめを受けた経験もありますし、出会う人すべてにマイナスな感情を持たずに過ごすことは難しいすが、それでも敬意を払う気持ちを持てるよう、心がけています。例え相手が子どもであっても、相手を敬うことが、生きていくうえで大切だと思っています。

私は今まで、色々な人からの支えやつながりの中で生きてこれました。
育ててくれた両親や祖父母、姉、親戚の人たち、生涯のパートナーである妻、師匠、何でも話せる友人、職場でお世話になった上司や同僚、施設の利用者さん、そしてお客様…。

たくさんの人たちとのつながりがあって、今の自分があります。

どのような立場の人であっても、まずはこちらから「敬う」気持ちをもつことから、すべての関係がはじまり、絆が生まれるのではないでしょうか。
そして「敬う」ためには、相手の気持ちや、痛み、悩み、喜び、悲しみ、そういったものを理解しようという努力が大事だと思っています。

整体をするときにも、お客様が感じておられる痛みや悩みがどのようなものか、心から理解できるよう努めています。人の痛みを知ることは、簡単なことではありませんので、想像力をフルに働かせるようにしています。

世の中には、「あなたのことは全部わかっている」「自分は全て分かっている」と言う人もいますが、無責任に感じます。少なくとも、人の痛みを理解しなければいけない整体師など治療家がとるべきスタンスではありません。

整体の仕事でも、プライベートでも、「相手のことを分かろうとする努力と、敬う気持ち」だけは、これからも忘れないつもりです。


整体の良庵へのご予約・お問い合わせは 090-6326-1160

電話:090-6326-1160

営業日時:不定休 9:00~21:00(時間外応相談)
完全予約制です。事前のご予約をお願いいたします。